審査に通るポイント

ローンでお金を借りるには申し込みの後審査を受けなければなりません。この審査に通れば、お金を借り入れることができるのですが、審査に通るにはいくつかのポイントがあります。

 

まず、大事なのは申し込み条件を確認することです。学生や専業主婦、年金受給のみの収入の方も申し込めるローンもあれば申し込めないローンもあります。また、勤続年数や年収の制限があるローンもあります。申し込み条件にかなっていなければ審査には通りませんので必ず確認してください。

 

申し込みをするときには、ネットの場合は、申し込みフォームに必要事項を入力してから送信します入力する内容にはミスが内容にしてください。また、会社や自宅の電話番号なども入力ミスがないように注意しましょう。審査の過程で大抵は、在籍確認や本人への確認の電話がありますが、この時連絡が取れないと審査には通りません。また、申し込みフォームには、他社からの借入件数や、借入残高の総額も入力しますが、これらの情報も正確に書いてください。借入件数や借入残高の総額などは、信用情報機関に登録されていますので、事実と違うことを書くと、金融機関が信用情報機関に確認した時に、嘘だとわかって、審査には通りません。ですから、正直に書くようにしてください。年収は自己申告ですが、実際よりも極端に多い年収を書くと、勤続年数や勤務先、雇用形態などからして、矛盾があるということで審査には通りません。ですから、申し込みフォームに正直に正確に入力することは審査に通るための最低条件です。

 

また、本人確認書類や限度額によっては、収入を証明する書類を提出する必要がありますが、これらの書類も不備のないように確認してください。本人の名前と現住所を確認できる書類を準備します。

 

金融機関は、その人の信用性と返済能力を審査によって判断します。ですから、債務整理の記録や著しい延滞の記録が信用情報機関に残っているとほぼ借り入れはできません。ですから、ローンを利用する時は新たな借り入れのことも考えて、支払いに遅延のないようにきちんと返済しましょう。